第36回日本顎関節学会総会・学術大会に参加(2023/7/6~8)

  日本顎関節学会総会・学術大会に参加してきました。今回は日本歯科衛生士会との共催によるシンポジウムで日本歯科衛生士会会長とともに座長を担当しました。今回の主催は私が所属する東京医科歯科大学学顔面外科学分野です。 この学会は顎関節症を含め、顎関節疾患を見る学際的な専門学会です。顎関節症はいろいろな要因が重なって症状が出現する病気であり、…

続きを読むread more

さらなるインプラント治療の向上を求めて

 今年度で3度目となる日本口腔インプラント学会専門医の更新をしました。インプラント治療を始めて早いもので30年になりました。初めて手術をさせていただいた患者さんのインプラントは今も健在で、問題なく経過していることは大変喜ばしいことですし、長きにわたり通院してくださっている患者さんには大変感謝しております。 この30年をみているとインプラ…

続きを読むread more

歯科医師向けの歯科雑誌に記事が掲載されました

 歯科医師向けの雑誌に記事を書きました。一般開業医が対処に困る顎関節症のうち、顎の関節が変形してしまう顎関節症の診断と治療法について投稿しています。これは昨年の日本顎関節学会のシンポジウムで発表した内容を書き起こしたものです。 国民の1/3が経験するといわれる顎関節症は現在、日常生活での行動、癖の是正を行い、顎関節の状態を改善する運動療…

続きを読むread more

インプラント治療の原点

私がインプラント治療を手がけたのはもう30年以上前になります。インプラント手術の技術の習得や日本では手に入れることができない材料を買うために海外に研修に出かけることがその当時は必要でした。イギリス領であった香港に研修に行ったのはそのような時でした。その当時新しい治療であった無くなった歯槽骨を再生する治療法の研修でしたが、現在もその治療を…

続きを読むread more

新しい痛みの少ないレーザーを導入

 当院では今まで炭酸ガスレーザーを使用して、口内炎の治療や歯周病の治療などを行ってきましたが、さらに今回より高性能なエルビウムヤグレーザーを導入いたしました。  このレーザーは、初期の虫歯治療を麻酔がなくても無痛で行うことができたり、高齢者の歯周病治療などで痛みを感じないで病巣を取り除くことができたりと、幅広く様々な処置を無痛で行うこと…

続きを読むread more

安全で正確なインプラント治療ーX ガイド

安全で正確なインプラント治療ーX ガイド 佐藤歯科医院今戸クリニックにインプラントナビゲーションシステムを導入して8ヶ月が経過しました。その間に多くの患者様のインプラント治療を行わせていただきました。CTを用いて顎の骨の状態を確認して、歯が無くなった場所にインプラントを埋める位置をコンピューターを用いて設計し、車のナビゲーションのように…

続きを読むread more

新年のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。新型コロナ感染が未だ収束しない中、新しい一年を迎えました。寒い冬を迎え、インフルエンザと新型コロナウイルスの拡大が懸念されています。そのような中で、うがいや歯磨きなど口腔ケアはますます重要であると認識されています。当院でも口腔ケアをとおして、今年も皆さんの健康に貢献したいと考えております。本年もどう…

続きを読むread more

日本顎関節学会主催 第55回日本顎関節学会学術講演会にて講演しました

日本顎関節学会主催 第55回日本顎関節学会学術講演会 にて講演しました。 令和4年10月23日 「一般開業医が歯科衛生士と治す顎関節症 -歯科衛生士との連携方法を知る-」をテーマとして講演しました。WEB形式の講演会でしたが、134名と大勢の方にご参加いただきました。改めて御礼申し上げます。顎関節症の治療は歯科医師、歯科衛生士がチームア…

続きを読むread more

日本臨床歯周病学会に参加してきました

・パシフィコ横浜で開催された臨床歯周病学会に参加。 ・骨がないところにたくさんの骨を作る術式を開発したUrban先生の講演でした。 ・ソーセージテクニックというユニークなネーミングですが、しっかりと骨ができていました。 2022年7月31日 パシフィコ横浜 #佐藤歯科医院今戸クリニック #Xガイド #インプラント …

続きを読むread more

日本インプラント臨床研究会で発表してまいりました。

・インプラントを入れるために必要な顎の骨がない患者さんは多く、インプラントを諦めなければならない人に対して、短い長さのインプラントを使用しています。 ・10年経過時点でインプラントが残存している割合は97.1%と成績も良好です。 ・このように短いインプラントでもよく噛めるようになり、これについての発表をしてきました。 2022…

続きを読むread more